転職回数が多くても不利にならない? 仕事探しのポイント

転職回数は多いと不利になると言われ続けていましたが、雇用情勢と共に変化が訪れています。
キャリアを考えた前向きな転職が増えているだけでなく、企業側も多様な人材の確保に積極的になりつつあるのです。

転職回数の多さが問題視されない職種も存在し、自分の武器をうまく生かせる環境を探すのも仕事探しのポイントになっているのです。

ここでは転職回数が多い方が、不利にならない転職活動の方法について紹介いたします。

転職回数の多さを不利な要素ではなく武器にする

転職回数は20代で2回、30代で3回以上だと転職が多い印象を与えてしまう可能性があります。
これは一つの企業で数年勤めれば、必然的に転職回数にも限界が出てくるからです。

一方で、転職回数が多くても転職に成功し、華々しいキャリアを積み重ねている人材も存在します。
企業側も優秀な人材の確保が困難になっており、転職回数より中身で判断する必要性に迫られているのです。

異業種からの転職や豊富な経験を積んだユニークな人材を求める企業も増えているため、転職回数が多くても売り込みやすい企業を選んでいくのも仕事探し成功のポイントになっています。

転職回数をマイナスにしないアピール方法は

転職回数をマイナスにしないためには、なぜ転職したかという理由が重要になってきます。
学んだことが次に生かされているかも大切で、同じ退職理由が繰り返されればそれだけマイナスが大きくなるのです。

逆に、転職に一貫性があり、やりたいことが明確に伝わってくれば好感を得やすくなります。
その上で、前の仕事で学んだことが今後どう活かせるかまでつなげ、職務経歴書や面接でアピールするのです。

同業他社で行ったユニークなビジネスや、新規事業に関わった経験なども武器にしやすいポイントです。
過去の経験を洗い出し、企業にとって貴重で有用な人材と思わせられるかが焦点になるのです。

転職回数がマイナスにならない職種も存在する

転職回数がマイナスにならない職種も存在する

転職回数がそれほど問題視されない職種も存在します。
医療、食品などの技術系やクリエイティブ系が代表的で、短いサイクルで転職を繰り返す人もいます。

これは慢性的な人手不足が背景にあることや、そもそもの人材の流れが流動的な業界もあるからで、実績や資格さえあれば転職回数が問われないためです。

キャリアを積むための転職が珍しくない業界もあることを踏まえ、自分の可能性を探ることも重要なのです。

転職回数の多さが絶対的な不利につながるケースは減っており、企業間でもユニークな経験を積んだ人材や、多様な人材の確保の重要性が増しています。

転職回数が武器になることもあるため、自分の経験を洗い出して見つめなおすことも重要なのです。

人材確保に苦労する企業や業界が増えているからこそ、仕事探しも強気で挑み、転職回数を言い訳にせずに自分を売り込むことも大切なのです。