経済的な不安があっても大丈夫! 2つの公的制度で子どもの大学進学

子どもが大学進学の夢を持っているなら、あきらめさせたくないのが親心です。
ですが大学進学にかかる費用の全てを即座に用意できる高収入の家庭ばかりではありません。
その費用を捻出できずにあきらめようとする家庭もあるのではないでしょうか。
大学進学に役立つ公的制度を上手に利用して、子どもの大学進学の夢を実現させましょう。

大学進学にはどれくらいかかるものなの?

子どもの念願が叶って大学に合格した途端、お金はバンバンと出ていきます。
実際にどれくらいの費用が必要なのか見てきましょう。

・大学の入学金
・授業料
・教科書代
・パソコンなど雑費

学生寮や賃貸から大学に通う場合は、住居の敷金や礼金・手数料・家賃・新たに買う家電や生活必需品など、それに引っ越し費用も加えるとばかになりません。
毎月の家賃や生活費も親が仕送りする必要があり、子どもがアルバイトするなどして捻出することになります。

入学費用や授業料を含めると国公立大学は80万円以上、私立大学は100万円以上が目安となります。

また通う学部によっても必要費用に大きく差が生じます。
文系が120万円以上に対して、医学系では700万円程度の費用が必要です。

利用できる公的制度とは

利用できる公的制度とは

・奨学金(日本学生支援機構奨学金)
一般的に奨学金とは、学生本人が申請するもので保護者が連帯保証人となります。
入学後に月々定額を貸し付けてもらうことができるのです。
大学に通っている本人が働くようになってから返済していくことになります。

高校1年~高校2年までの成績の平均値が基準となります。
この成績基準と親の収入基準で審査され、審査に通れば無利子の第一種が借り入れられるのです。
審査に落ちて、不採用となれば無利子で奨学金を借りることはできません。
ですが有利子の第二種は成績の基準値が比較的緩いため、不採用のケースは少ないです。

・国の教育ローン(日本政策金融公庫教育一般貸付)
国の教育ローンは入学前に借りられることがメリットになります。
進学費用を奨学金で用意するとなると、入学後にしか貸し付けてもらえない可能性があります。
そのため、教育ローンと併用することで入学前に準備できるのです。

国の教育ローンは親が申請するものです。
そのため、学生本人に返済義務はありません。
大学に通う学生本人が返済する奨学金と併用するにしても、子どもだけが二重の負債を持つことにはなりません。

奨学金とは異なり、成績の基準などは設けていませんので誰でも申請できます。
ただ有利子なので負担を感じやすいかもしれません。
ちなみに母子家庭などは若干利率が下がります。

経済面で不安な家庭では、奨学金と国の教育ローンの併用をオススメします。
入学前の費用を国の教育ローンで準備して、毎月の授業料を無利子の奨学金でまかなえば安心です。
入学金などを準備できない不安は公的制度をフルに活用して解消しておきましょう。

また、学校の窓口への相談も有効です。
学校独自の支援があったり、状況に応じたアドバイスを受けることもできます。
経済面で安心できれば、子どもも一生懸命夢に向かって突き進んでくれることでしょう。