派遣社員は残業あり? 覚えておきたい派遣社員の残業知識

働くことを考えた際、気になるのが残業ですよね。
「長時間の残業をする場合もあるのでは?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

派遣社員にも残業のルールというのがあります。
ここでは、派遣社員として働く際の残業について詳しくご紹介します。

派遣社員に残業があるの?

まず気になる残業の有無ですが、当然残業が発生する場合もあります。
派遣社員は派遣先ではなく派遣元(派遣会社)の就業規則に従う形となりますので、残業に対しての規則も派遣元に従う形となります。

このため、派遣元の方で36協定を締結されており、時間外労働有と就業規則(就業条件明示書)に明示されている場合は、派遣社員でも残業が発生します。

しかし、残業の有無や目安の時間は明示されていることが多いので、不当な長時間残業やサービス残業などの心配はありません。

残業代はいくら加算されるの?

残業代の考え方は正社員も派遣社員も同じです。
残業代の考え方としては労働基準法で以下のように定められています。

・1日8時間以上(1週間で40時間以上)の労働には残業代を支払う。
・残業代は通常の賃金に25%加算した額として支払う。
・深夜労働(22時~5時)に残業している場合は、更に深夜労働として25%加算した額として支払う。

例えば、1日8時間以上労働している場合で更にそれが深夜時間帯の場合、時間当たりの賃金は最大50%アップする形となります。

残業の上限は何時間まで?

残業の上限についての考え方も正社員も派遣社員も同じです。
残業の上限の考え方としては労働基準法で以下のように定められています。

【残業時間の上限(時間外労働時間の上限)】
1週間……15時間
2週間……27時間
4週間……43時間
1ヶ月……45時間
2ヶ月……81時間
3ヶ月……120時間
1年 ……360時間

残業代の上限は法律で以上のように定められています。
雇用する側も雇用される側も、基本的にはこれを守らなくてはなりません。

派遣社員は残業あり? 覚えておきたい派遣社員の残業知識

ここで紹介した3点は、派遣社員が残業をする上で特に覚えておきたい部分です。
どこの会社で働くことになっても、労働基準法や派遣元の就業規則は適応されます。
話題になることが多いサービス残業や長時間残業などの心配があるかもしれませんが、派遣社員の場合、不当な残業を強要されることはありませんので、安心してくださいね。