もっとデキる女性になる! 「マインドマップ」で思考整理する方法

やりたいことや、やるべきタスクで頭の中がゴチャゴチャになってしまった経験はありませんか?

こういった頭の中の混乱を上手に整理すれば、いつでも効率良く物事を処理することができるようになります。

このときにオススメなのが手帳に「マインドマップ」を作成することです。
マインドマップとは、自分の思考を木の枝のような「放射思考」の絵にして頭の中を整理することを目的としています。

ここでは、戸棚のものを整理するように脳内をスッキリさせる「マインドマップ」についてご紹介します。

「マインドマップ」の基本的な作成方法

まずは中心に文字や絵でテーマやイメージを書き、その周囲にテーマに沿った言葉を書き出していきましょう。

難しく考えず、たとえば「やりたいこと」や「目標」といったテーマの周囲に「ダイエット」など自分の心の中にある思考をどんどんと書き出していくのです。
書き出す際は長い文章ではなく単語や簡潔な文にしておくのがポイントです。

これらを枝のようにつないだら、そこからさらに付随して思いつく言葉「年末までに(期限)」「筋トレ(内容)」などを書き出します。

その枝からまたさらに「マイナス5キロ(目標の詳細)」や「腹筋50回(内容の詳細)」などといったように細分化していきます。

このようにして、全ての枝を書き終えたら、特に重要と思えるものに印をつけます。
また、離れた位置にあるキーワードで関連したものがあったら、線で結びつけてみましょう。

マインドマップがあれば、それに沿ってタスクを設定・実行したり、後日どんどん思考を書き足していったりと、あなただけのアイディアで頭の中を可視化してみましょう。

マインドマップにオススメのソフト

マインドマップにオススメのソフト

マインドマップは紙や手帳、ペンがあれば作成できます。

しかし、最近ではサッとマインドマップを作成することができる便利ソフトもたくさんリリースされていますので、ぜひ活用してみましょう。

以下にマインドマップのソフトをご紹介します。

◆i Mind Map (https://imindmap.com/ja/
i Mind Mapマインドマップを考案したトニー・ブザンのマインドマップソフト。
スマートフォンにも対応しているので、どこでも気軽に使えるのが嬉しいポイントです。
一週間の無料トライアルがあるので、まずは試してみましょう。

◆XMind (https://jp.xmind.net/
操作性の良さから多くの人に愛用されているマインドマップソフトです。
Enterでトピック作成、Insertでサブトピック作成など、キー1つでサクサク操作ができます。
直感的に使えるソフトで、手軽にマインドマップを作成しましょう。

◆MindMaple  (http://www.mindmaple.com/Default.aspx
アイコンやテンプレートがたくさん用意されているのが魅力のマインドマップソフト。
Google ドライブやDropboxにも保存でき、どんなデバイスでも快適に使えます。
その時のイメージに合わせた自分だけのマインドマップ作成を楽しみましょう。

仕事が忙しかったり、多趣味であったりすると頭の中はごちゃごちゃになりやすいのではないでしょうか?
効率よく、有意義に仕事をこなしたり休日をすごしたりするために、ぜひマインドマップを活用してみてください。