効率的に美味しく料理するには? ワーキングマザーの時短料理術

仕事と家事を両立しているワーキングマザーは、毎日のわずかな時間さえも惜しくなりますよね。
ここでは、忙しいママがにおすすめの「時短料理テク」をご紹介します。

「時短キッチン」作りを心がける

料理をするときに使う調理器具は、サッと手が届く場所に配置しておきましょう。
お玉やフライ返しなどはすぐ取れる場所に立てたりひっかけておくなどして「見せる収納」を心がけるのがおすすめです。
使用頻度の高い調理器具は2セット、3セット用意しておけば洗う手間が省けます。

「いい調味料」を揃えておく

調味料も直ぐに取り出せるように工夫して配置しておくのが時短料理のコツです。
毎日の料理に手間ひまかけられないというママは、少し高価な「いい調味料」を揃えて置くと良いでしょう。

調味料ひとつで料理の味は変わるものですし、少し高い調味料を選んだとしても外食よりは安く済むものです。
調味料が良いものなら、時間をかけずにパッと料理しても美味しく食べられますよ。

味付けの基本パターンを覚える

料理上手なママは、たくさんのレシピを知っているというわけではありません。
時間をかけずに美味しい食事を作ろうと思うなら、和食・洋食・中華の基本的な味付けパターンを知っておくことが大切です。
基本の味付けが身についていれば、さまざまな料理に応用することができます。

さらに、万能タレやドレッシング、合わせ調味料のテクニックも身につけておくと役立ちます。
たとえば醤油1カップにみりん大さじ1、砂糖70グラムを小鍋で混ぜながら加熱すれば、万能醤油ダレがカンタンに作れます。

冷凍や作りおき、常備菜を活用する

お肉や野菜を下ごしらえして冷凍保存しておけば、使いたい時にサッと使えて便利です。
塩もみ野菜や下茹で野菜などの常備菜を用意しておけば、包丁をほとんど使わずに効率的に時短調理をすることもできます。
もちろん、晩ごはんを多めに作って残りを翌日のお弁当に入れるのも立派な時短テクニックです。

時短調理器具を取り入れる

フードプロセッサーや圧力鍋は時短調理の強い味方です。
フードプロセッサーがあればみじん切りが数秒でできますし、時間のかかる煮込み料理は圧力鍋で賢く時短できます。
また、食器洗い乾燥機を購入すれば片付け時間の時短につながり、忙しいママには嬉しいです。

献立を意識して買い物をする

あれもこれもとダラダラ買い物すると時間がかかってしまいます。事前に献立を決めてサッと買い物を済ませましょう。
休日に1週間分の献立を計画して、材料を買い溜めしておくのもおすすめです。
買った材料は下ごしらえをしてから保存したり冷凍保存したりしておけば、買い物に行く手間も省けます。

効率的に美味しく料理するには? ワーキングマザーの時短料理術

時短料理は、身の回りのちょっとしたことを少しずつ工夫していくことが大切です。
細やかなしてんで動線や、調理手順などを見つめなおし、時短を実現していきましょう。
忙しいママでも余裕のある字間が少しずつ生まれてくるはずですよ。