派遣会社や派遣先への「結婚報告」ってどうしたらいい?
 

派遣で働いている場合、結婚の報告は必要なのか、必要なら誰にどんなタイミングで報告すべきなのか悩んでしまいますよね。

そもそも派遣社員が結婚する場合、派遣元や派遣先には報告すべきなのでしょうか?

今回は、派遣会社などへの結婚報告に関する情報をお届けします。

 

報告するのならまずは派遣会社へ!

派遣という働き方の場合、人間関係が自然とドライになってしまうことは多いものです。
派遣会社や派遣先で仕事以外の話は全くしないという人も多いので、あらためて結婚報告をすることに気恥ずかしさを感じてしまうかもしれません。

結婚しても仕事を辞めるつもりがないという人も、できれば一応節目のこととして報告し、今後についてきちんと伝えておくのが無難と言えます。

派遣社員の場合は、勤務している派遣先での上司ではなく、まずは雇用元に当たる派遣会社に報告するようにしましょう。
そのときに「派遣先にはどのように報告すべきか」を相談するのも良いですね。

後々のトラブルを避ける配慮を

もしも結婚を機に退職するつもりならば、手続きや引き継ぎのことも踏まえて3ヶ月ぐらい前には報告する必要があるといえます。
逆に、結婚しても仕事はそのまま続けるという場合や、苗字や住所が変わらないという場合もあり、そういったケースでは報告せずに済ます人もいます。

しかし保険や年金、扶養控除など書類上の変更点が出る場合もあり、報告をしていない場合思わぬトラブルになる可能性もあるので充分に注意しましょう。

また、慶弔金や慶弔休暇を用意しているという派遣会社もありますので、一度確認してみるのがオススメです。
結婚後には妊娠することも考えられますが、結婚報告をしていない場合には当然妊娠報告もしにくくなります。
妊娠初期から体調が悪くなり休職するというケースも少なくないため、結婚報告は先々の保険にもなり得るという考え方もあります。

派遣元や派遣先の人を結婚式に招待すべき?

派遣元や派遣先の人を結婚式に招待すべき?

派遣社員の場合、結婚式に職場の人を招待するべきなのか、あるいは招待してもいいのかという悩みも生まれるでしょう。
よほど長期間働いているとか、仕事を超えて付き合いがあるという場合には声をかけてみるのもアリでしょう。

しかし派遣というのは人員の入れ替わりの多い働き方です。
派遣で働き始めて1年も経っていないという場合などは、派遣元や派遣先の社員に結婚式への出席を打診するのは避けておいたほうが無難といえます。

結婚をした場合、派遣元や派遣先に報告をしなければならないということはありません。
しかし抵抗がなければ結婚報告をしておいたほうが、後々スムーズに仕事を続けやすくなるといえるでしょう。