エンジニアに朗報? どうなる「2016年問題」
ここ数年でIT分野は大きく発展し、今後もますますのIT開発が計画されています。
しかし、現在エンジニアが不足しており、仕事に就く良いタイミングと考えられます。
ここでは、エンジニアが必要となる「2016年問題」についてご紹介します。

2016年問題とは?

2015年問題、2016年問題という言葉がさまざまな分野や業界で飛び交っています。
派遣業界にいるエンジニアの方も、この「2016年問題」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは、さまざまな分野でエンジニアが必要とされる時代が到来していながら、エンジニア不足による悩みを抱えている企業や業界が増えているというもの。
その理由としては、リーマンショック以来冷え込んでいたIT業界が回復の兆しを見せ始めていたことで、エンジニアの需要が高まったことが挙げられます。

さらに、マイナンバー制度や電力自由化といった大きな動きが起きており、これらのシステム開発に多くのエンジニアが必要な状態となっていることも原因です。
エンジニアは専門知識と経験が必要な職種です。
人材育成に時間がかかってしまうため、育成を必要とする職員だけでなく、すぐに活躍できるエンジニアの人材確保に各企業や業界が動いているのです。

しかし、それでもエンジニア不足は深刻な問題であり、2015年の時点で不足数がピークとなっていた影響が、2016年にあらわれるという状態を2016年問題と呼ぶようになりました。

なぜエンジニアが不足しているのか?

「そもそも、マイナンバー制度や電力自由化といった大きなプロジェクトがあることは誰しも予見できていたにも関わらず、なぜエンジニアが不足しているのか」と疑問に思うかもしれません。
その原因の1つに“IT業界全体における人材育成の土壌が悪いこと”が挙げられます。
エンジニアになるには特別な免許や資格が要らない反面、技術だけでなくコミュニケーション能力も大切です。

さらに、論理的な思考を行い、作り上げたシステムのエラーを予見・解決する自己解決力も必要なことから、どんな人でも容易になれるわけではないのです。

また、IT業界に根付いている問題として、最近話題のブラック企業や多重下請けにIT系の企業が多いことも挙げられます。
このような場所では人を育成するシステムすらなく、適性がある人でも使い潰されてしまうことは珍しくありません。

また、優秀な人はさっさと辞めて独立してしまうために、人材が流出してしまうのです。

2016年問題はエンジニアの就職が増えるチャンス?

2016年問題はエンジニアの就職が増えるチャンス?

エンジニア不足の2016年問題ではエンジニアの就職が増えるのでしょうか。
確かに大手企業でもエンジニアの採用にはかなり積極的な状況であり、待遇面から見ても非常に魅力的な条件が揃っております。
年齢幅も広いことが多く、30~40代でも大手企業への長期派遣、そこからさらに正社員としての就職が見込める可能性もあります。

また、万が一転職をする場合でもエンジニア不足の企業が多いため、転職先に困らずにすむかもしれません。
しかし、一方でエンジニアの世界も日々進歩しているため、専門的な技能が不足していたり進歩に追いつけなくなるとエンジニアとして働けなくなる恐れもあります。専門的な技能を見込まれて雇われている以上は、日々新しい知識と技術を習得してスキルアップする心構えを持ち続けなければならないのです。

2016年の業界ではエンジニアが不足しており、各企業が高待遇でエンジニアの確保に急いでおります。
もし、この機会にエンニジアとして就職をしたいのであれば、まさにビッグチャンスが到来していると言えるのです。