派遣契約の期間って? 契約更新を続けるコツ

派遣社員は派遣先で働きつつ、契約期間を更新していくという働き方になります。
契約更新期間は3か月間隔の場合が多く、人にもよりますが半年以上働ければ長く勤めていると言えるでしょう。
では、派遣社員として長く働きたい場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
長期的に働きたい場合に契約更新を続けるためのコツをお伝えします。

長く働けるかどうかは派遣先にもよる

まず前提として、勤務先が「リコール対応など電話相談が一時的に増加するために集められた」「あるリストにある業務をこなすためだけに臨時で立ち上げられた」などといった部署である場合、長期間の契約更新は期待できません。
業務が落ち着いてくるとそのまま契約終了となるためです。
長く働きたいのであれば臨時、一時的な部署である派遣先を選ぶのはなるべくやめておきましょう。

より長く派遣社員を続けるコツは?

より長く派遣社員を続けるコツは?

派遣社員として派遣された先が居心地が良い、働きやすいのであればより長く勤めたいと思うものですね。
そうした派遣先で長く働くためには、以下のようなことを心がけましょう。

・派遣先が決まったら心は新入社員に戻る

例えば前職で大手企業や有名な会社に勤め、それなりの役職にいたという経歴をお持ちの方もいるかもしれません。
しかし、派遣先からすれば新しい派遣社員です。前職のような振る舞いは通用しません。
契約を長く続けたいのであれば前の会社の風習やルール等は一度リセットして、初心に戻って働くことが大切です。
もしも、前の会社の考えを引きずったり、目に余る振る舞いをすれば長く働くどころか、すぐに契約を切られてしまうこともあるので注意しましょう。

・仕事を誠実に行い、スキルアップする

お金をもらって仕事をする以上は責任が必ず伴います。
派遣社員だから正社員よりも責任が軽いという考えは持たないようにしましょう。
業務を確実に遂行し、その中で新しい方法を見つける等のスキルアップをしていくのが大切です。
派遣先にとって立派な戦力となり、契約を更新する時に派遣先から「ぜひ更新をお願いします」と言われる派遣社員を目指しましょう。

・コミュニケーションを忘れない

派遣先での人間関係も大切です。
同じように派遣で働くスタッフや派遣先の正社員の方など、職場での人間関係が円滑であれば長く働く上でお互いに気持ちよく働くことができます。
たとえ仕事ができたとしてもコミュニケーションがうまく取れない人は契約終了となりやすいので、日々の明るいあいさつやビジネスマナーを忘れてはいけません。