腰痛やむくみを予防! デスクワークは正しい姿勢で

長時間のデスクワークを行う必要のある方は、腰痛やむくみ、肩こりなどさまざまな症状に悩まされていることが多いものです。
デスクワーク中はついつい姿勢が乱れてしまいがちですが、身体への負担を少なくするには正しい姿勢で過ごすのが大切です。
そこで今回は、デスクワークの際に意識したい「正しい座り方」をご紹介します。

デスクワークが体の不調を引き起こす原因は?

デスクワークは座っているだけなので、身体への負担は少ないと思われがちです。
しかし実際にはデスクワークによって身体に不調が現れる人が少なくありません。
その理由として、以下のようなことが挙げられます。

・前かがみ

デスクワークをしていると、どうしても身体が前傾気味になってしまいます。
通常首から背中にかけては、緩やかなS字になっているのが理想です。
身体が前傾になり首が前に出ることで、肩や腰に大きな負担がかかってしまうのです。

・座りっぱなし

デスクワークを始めると、1時間や2時間は平気で同じ姿勢のまま作業を続けるという人も多いのではないでしょうか?
これもデスクワークが不調をもたらす原因の一つ。
長時間座りっぱなしでいると、血行が悪くなりむくみや腰痛を引き起こします。

正しい姿勢をマスターしよう!

腰痛やむくみを予防! デスクワークは正しい姿勢で

デスクワークをしていて身体に痛みを感じ始めたら、それは姿勢の悪さが原因となっている可能性が高いです。
正しい姿勢での座り方をマスターすることで、身体への負担を最小限に減らすことができます。
以下のようなことを意識しましょう。

・椅子に深く腰掛ける

まずは椅子に深く腰掛けることを習慣づけましょう。
背もたれにぴったりと背中が当たるようにして、前傾姿勢にならないように気をつけます。

・足の裏は床につける

足の裏の位置も重要です。足の裏が床につくことで、姿勢は安定します。
深く腰掛けると床から足が浮いてしまうという人は、椅子の高さを下げるか踏み台などで調整しましょう。
また、足は組まないようにしましょう。

・ひじは90度に

キーボードを打つときに、ひじが上がりすぎている人はいませんか?
ひじの角度は90度ほどになるのが一番自然な姿勢です。肩への負担が少なくて済みます。

・モニターは目線よりやや下にくるように

モニターが低すぎると前傾姿勢になりがちです。
反対に高すぎても肩や首の負担になります。
モニターは目線よりもやや低めの高さになるように調節しましょう。

適度に身体を動かすのも大切

どんなに正しい姿勢でデスクワークを行っても、座りっぱなしの状態が続けばそれだけで腰痛やむくみが起こりやすくなってしまいます。
座ったままでもできるストレッチを取り入れるなどして、背中や腕、足などを動かすように心がけましょう。
伸びをする、首や腰をさするなどの動きだけでも血行促進につながります。