派遣でも年末年始の有給休暇って取っていいの?

現在では派遣社員として働いている方も非常に増えてきています。
「有給休暇は正社員しか取れない」「派遣社員は有給休暇を取ってはいけない」と思っている方もいるのではないでしょうか?
正社員より気軽に働ける派遣という雇用形態ですが、有給休暇は取得することが出来るのでしょうか?

有給休暇は法定の権利

労働基準法には「使用者はその雇入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した10労働日の有給休暇を与えなければならない」(第39条) との記述があります。
これは週の労働時間が30時間に満たないパートタイム労働者の場合でも適応されます。

つまりフルタイムの派遣社員はもちろん、パートタイムであっても規定の労働時間をこなせば、有給休暇を取得する権利があるのです。
週に5日以上働いている場合は1日の稼働時間に関わらず6ヶ月以上の勤続(8割以上出勤)で10日の有給休暇が取得出来ます。

また出勤日数にかかわらず週に30時間以上働いている場合であっても同様です。
それ以下の労働日数、労働時間であっても同様に条件を満たすことで有給休暇を取得することが出来ます。

また、有給休暇とは雇用者が取得を認めるものではなく、労働に対して法律上発生するものであるため、もしも雇用者が有給の取得を拒否した場合は法で争えるということになります。
「有給休暇無し」などの表記が契約書にあった場合でも労働基準法の効力が優先されるため、有給休暇が発生します。

有給休暇中の給与計算

基本的には有給休暇中の給与計算は通常通り行われます。
法定では以下の3つのいずれかで計算されます
1.平均賃金
2.所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
3.健康保険法第99条第1項に定める標準報酬日額に相当する金額

また、支払われる給与の金額は「賃金の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の60%を下回ってはならない 」と定められています。
詳細については派遣先、または派遣元に確認しましょう。

有給休暇取得の方法

有給休暇取得の方法

派遣社員が有給休暇を取得する際の手続きについてご説明します。
まず、派遣先の担当者に有給休暇を取得する旨を連絡します。
これは取得の申請ではなく、取得の連絡です。
その後、派遣元へも連絡を入れましょう。

直前の申請は派遣先の企業に迷惑がかかるため注意が必要です。
場合によっては、サポートで交替のスタッフを派遣する必要があることも考えられます。派遣元への連絡も必ず入れるようにしましょう。

有給は法定の権利なので雇用者が拒否することはできません。
有給を取得することを遠慮することもありませんが、現実問題として周囲の仕事に支障が出ないように配慮しておくことも大切です。

特に年末年始等で長期に有給を取得したい場合は、予定が決定した時点で取得の連絡を心がけてください。
もし、給与日に有休休暇にしたいした日の賃金が支払われていない場合は、派遣元に確認をしましょう。
この際労働基準監督署に相談に行くことも念頭に入れて置くことが大切です。