コールセンターの仕事でストレスを溜めないコツとは?

コールセンターの仕事は、クレームを受けることもあるためストレスを感じやすい仕事とも言えます。
このため、ストレスをどう処理していくかが、仕事を続けるうえで大切な課題となるでしょう。
ここでは、コールセンターの仕事でストレスを溜めないコツをご紹介します。

お客さんと同じ立場で考える

人と関わる仕事であり、また相手は初めて接する人であるためコールセンターで働く人は常に失礼の無いように冷静に受け止めて丁寧に応対しなければいけません。
クレーム対応となると精神的ストレスは大きなものとなるでしょう。
その場合は相手の立場になって話してみましょう。
自分が相手と同じ状況をイメージすることで、より細かな状況を聞き出すことで、相手も「熱心に聞いてくれている」と感じとってくれるはずです。
また一方的だと思っていたクレームも、少しずつ理解できるようになるためストレスが緩和されます。

言葉の切り返しに注意する

コールセンターでは一方的に話す人もいますが、どんな人でもひと通り話を終えると、回答や返答などを望んでいるものです。
そのタイミングで「どのように伝えたいことを伝えるか」が、仕事でストレスを溜め込まないポイントになります。

言葉は選び方や話し方次第でトラブルになる場合もあります。声は穏やかに静かに、当たり障りのない言葉で相手を誘導したり、意見を伝えたりするようにしましょう。
自分の言いたいことが言えたり、目的とする話の出口に導くことができれば、それだけでストレスを溜め込まずに済みます。
相手の話が途切れたその瞬間が、ストレスを減らせるかどうかのチャンスになるのです。

席を外したときにリラックスをする

ひとつのデスクで、ずっと同じ姿勢で電話対応を続けるというだけで、疲労は積み重なるものです。
席を外した時に、リラックスできる自分に合った方法を見つけましょう。

トイレに行くときに好きな曲を頭の中で流したり、口ずさんだりするのも良いですし、深く深呼吸をするのもオススメです。
深呼吸をする際は吐くときに「はぁー」っと声を出しましょう。このときに、“疲れやストレスが息と一緒に抜けるイメージを持つ”と効果的です。

仕事終わりにリラックスをする

仕事終わりにリラックスをする

どんな仕事でも、仕事が終わる頃には心身ともに疲れているものです。
ストレスは翌日に持ち越されることも多く、ストレスが溜め込むと体調不良を引き起こす恐れがあるため注意が必要です。
仕事が終わったら自分が楽しいと思うことを行うようにしましょう。

趣味や楽しみがないという方は、お風呂の時間をゆっくり過ごすように工夫してみましょう。
お風呂などの水場は癒しの空間になります。
お風呂用のグッズを使ってみるのも1つの方法です。好きな香り入りの入浴剤などを使用してみるのもオススメです。

ストレス解消は自分の思い思いに過ごすことがポイントです。
親しい友人とたわいない話をすることも十分ストレス解消になりますよ。

また、しっかり睡眠をとることも大切です。
睡眠不足は判断を誤ったり感情をコントロールできなくなったりする恐れがあり、ストレスを溜め込む原因になります。

寝る前に明るい環境に行かない、スマホを使わないなどの工夫をしてしっかり心身の疲労を取り除くようにしましょう。
1日に受けたストレスはその日のうちにできるだけ解消することがストレスを溜めない最大のコツです。