会社にとって有益な存在に! 経理の仕事に役立つ資格

その企業のお金を扱う仕事「経理」に憧れる人は多いのではないでしょうか。
しかし気になるのは「自分のスキルで経理の仕事がこなせるのか?」という点です。
そこで今回は経理の仕事を目指す方に役立つ資格についてご紹介します。

経理業務とは?

経理に役立つ資格を知る前に、まず経理業務の詳しい中身を理解しておきましょう。

経理業務は多岐に渡りますが、大きく分けると「日毎」「月毎」「年毎」の業務に分けられます。

・日毎の経理業務
領収書や伝票整理、現金管理、請求書作成、経費振込業務、売上入金確認など

・月毎の経理業務
給与計算、月末締め業務、売上確認、試算表作成など

・年毎の経理業務
決算処理、余剰金算出、来期予算作成、監査対応など

会社のお金に関する細かい業務から、総売上をチェックするような大きな仕事までを担うのが経理業務です。

経理に役立つ資格

会社にとって有益な存在に! 経理の仕事に役立つ資格

では、経理業務にはどんな資格が役立つのでしょうか?

・簿記
簿記は経理に欠かせない知識であり、営業などの販売に関する部門でも重要視される資格です。
会社にはこれだけのお金があり、これが売れたからお金が増えた、あれを買ったからお金が減った、というお金に関する取引の記録を「貸借対照表」と「損益計算表」を作成して明確に、最終的には1年の売上を出します。
家庭で記録する家計簿をもっと深い内容にして会社のお金を管理するのが簿記なのです。

・公認会計
公認会計士は会計に関する調査や助言、務諸表の監査などを行うことができる国家資格です。
また、その企業の経営戦略立案などを助言する経営コンサルティング業務も公認会計士の業務の1つです。
企業が作成した決算書などに誤りがないかを監査する「財務諸表監査」は公認会計士にしかできない業務です。

公認会計士の資格を持って経理に所属していれば、外部監査の前に自社の決算書の内容を内部監査することができ、事前に誤りを見つけて正すことが可能です。
こういった面から、公認会計士の資格を持っていると経理部門でとても重宝されます。

・税理士
税理士は税務に関する専門家であり、個人や企業に対して税務についての指導や相談に応じることができる国家資格です。
企業は多額の法人税や固定資産税を支払う立場にあり、税に関しては敏感に対応しているものです。

税理士は「税務書類の作成」「税務相談」「会計業務」などの業務を行うことができるので、正確で迅速な税務処理をこなすことができます。
また、税理士はその企業の今後の経営についてもアドバイスできる知識があるので、大きな責任ある仕事を任せられる可能性もあります。

お金を扱う重要な業務

経理の仕事はその企業のお金を扱う仕事であり、その業務は細かく多岐にわたりますが、とても重要でやりがいある業務です。
経理の仕事に興味を持ったら、もう1歩踏み込んで仕事をこなすために必要な資格を取得することを検討してみましょう。