ベストなタイミングはいつ? 産後の仕事復帰のポイント
「妊娠や出産を機に休業したが、一段落着いたので仕事に戻りたい」と考える女性は年々増加しています。
スムーズな仕事復帰をするためにベストなタイミングは何時なのでしょうか?
ここでは産後の仕事復帰のタイミング、復帰する際のポイントについてご紹介します。

いつから仕事に戻れるの?

日本では労働基準法によって、産前産後休業、育児休暇が設けられています。
産前休業は出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から、希望すれば取得ができます。

一方、産後休業の期間は出産翌日から8週間あり、この期間は就業が禁止されていますが、本人の希望と医師の承認があれば、期間を6週間に短縮することが可能です。

理論上は、出産後6週間での仕事復帰も可能ですが、それ以降も様子を見る場合は「育児休暇」に入ることになります。

保育所では、生後3ヶ月くらいから子どもを預かってくれますし、生後6ヶ月になれば離乳食への移行もでき、子どもの首も座ってきます。
早めに仕事復帰をする場合は3~6ヶ月が選択肢になるでしょう。

一方、仕事復帰まで余裕がある、子どもと触れ合う時間を多く持ちたいといった場合、育児休業給付金がもらえる1年間は育児に専念する選択もあります。

復帰する際のポイント

復帰する際のポイント

スムーズな仕事復帰を考える場合、タイミングとともに押さえておきたいポイントがあります。

情報収集をしておく

職場の知人や友人から、情報を集めておくことが大切です。
しばらく職場を留守にしている間に新しい動きがあるかもしれません。
また、仕事内容や知識の見直しをしておくのも良い準備になります。

時間の使い方を見直す

産休育休中は育児と家事だけで過ごしてきたという方も多いでしょう。
ここに仕事時間まで加われば、今までの生活スケジュールで生活が立ち行かなくなります。
「買い物は週末にまとめてやる」「作り置きやレトルトなども活用する」といった時短テクニックを活用して、効率を上げていきましょう。

育児や家事の分担について決めておく

保育園への送迎だけでなく、子どもがケガや病気をしたときは誰が迎えに行くかといったことも話し合い、分担を決めておきましょう。
また、育児だけでなく毎日の家事についても同様です。

資格の取得に取り組む

出産からしばらくは、肉体的にも精神的にも不安定な時期が続きますが、子どもが成長するとともに、余裕が生まれることもあります
もしスキマ時間ができたなら、資格取得の勉強に充ててみるのはどうでしょうか?
簿記やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などの資格があれば、事務職をはじめ幅広いシーンで重宝します。

産後の仕事復帰のタイミングは、6週間後~1年後と人によってバラつきがあります。
しかし、復帰するタイミングにかかわらず、情報を集めたり早めに準備を進めておくことが大切です。

復職に役立つお仕事は?

子供を預けてから出社できる、10時以降出社OK。
お迎えもしやすい、16時前退社・残業なしのお仕事。
突然のお休みや帰宅にも理解を示してくれやすい、主婦歓迎などのお仕事は、復職の味方になってくれるはずです。