正しく知ろう!派遣で働くメリットとデメリットとは?

最近はさまざまな雇用形態での働き方が当たり前になってきていますね。
派遣で働くという人も年々増えていますが、そのメリットやデメリットについては正しく知っておきたいものです。

■派遣のメリット

◇融通がきく
派遣という働き方の最大のメリットは、仕事内容や勤務日、時間などを選べるということ。
異動や転勤、残業や休日出勤などに縛られてしまいがちな正社員に比べ、メリハリのある働き方ができるのが派遣の魅力です。

派遣先を変えない限り、人事異動や転勤になることもないので安心ですね。
家事や育児、介護などさまざまな事情を持つ人にとっても、派遣という働き方はありがたいものなのです。

◇スキルアップができる
派遣先を選べるということは、スキルアップのチャンスがたくさんあるということです。
なかなか正社員の募集がない大手企業や官公庁などの場合も、派遣で就業するチャンスというのは意外と多いものです。

さまざまな業界での仕事にチャレンジする事ができる派遣という働き方なら、自分の新たな可能性を発見することにつながるかもしれません。

◇ほどよい距離感
正社員は立場上、うまくいかない相手とでもうまく人間関係に気を遣っていく必要があります。
付き合いや飲み会などのコミュニケーションも必要なため、居心地の悪さを感じながら働いているという人も少なくないものです。

しかし派遣なら、付き合いを強制されることもなく、ほどよい距離感で仕事をすることができます。
契約期間が終われば人間関係もリセットできると思えば、割りきって仕事ができますね。
気の合う人とは契約終了後も交流を続けるなど、良い人間関係をどんどん構築していけるのが派遣のメリットのひとつです。

■派遣のデメリット

派遣のデメリット

◇立場が不安定
派遣で働いている人は、社会的に身分が安定しないことや、信用が弱いことに不安を感じているようです。
責任ある仕事を任せてもらいにくいとか、正社員と扱いに差があると感じている人も少なくありません。

また、住宅や車の購入でローンが組みにくいというケースもあります。
立場が変化しやすく、先が見えないという不安感があるのが、派遣という働き方の特徴といえるでしょう。

◇金銭面のデメリット
派遣という働き方は、賞与が無かったり福利厚生面が弱かったりする場合が多いもの。

また、派遣先によっては交通費が出ない案件もあるので注意が必要です。
派遣の契約期間が終わって次の仕事を探している期間の収入源というのも不安な点ですね。

そのぶん仕事を頑張ったり、Wワークをしたりという工夫で上手に乗り切りたいものです。

派遣という働き方には、正社員ともアルバイトとも違うメリットやデメリットがあります。
派遣で働く場合はデメリットもよく理解した上で、メリットを活かした自分らしい働き方を選びたいものですね。