ワーキングマザーに立ちはだかる「小1の壁」「小4の壁」とは

子育てしながら働く女性の中には、子どもが小学校に上がったら今までより仕事に注力したいと考える方も多いかと思います。

しかし実際には、子どもが小学生になるタイミング、また4年生になるタイミングで仕事を続けるのが難しくなる女性が多いのです。
この時期、ワーキングマザーが直面する問題は「小1の壁」「小4の壁」と呼ばれています。

いったいどのような問題が生じるのでしょうか?

「小1の壁」「小4の壁」とは?

小1の壁とは、子どもが小学校に上がったワーキングマザーが直面する問題のことを言います。

小学校に上がる前のお子さんは、「保育園(保育所)」を利用できます。
保育園は延長保育がある所が多く、夜20時~21時頃まで預かってくれるところもあります。
しかし、保育園は基本的には小学校入学前の子どもが対象。
小学1年生以降は利用できません。

両親が働いているご家庭のお子さんは、「学童保育」と呼ばれる保育施設を利用することが多いかと思います。
しかし、多くの学童保育は、営業時間が18時前後までとなっています。

このためお子さんを迎えにいくためには残業などが難しくなってしまいます。
また、平日に学校行事の振替休日があった場合や、夏休み・冬休み中など、通常なら学校で過ごす時間のフォローも必要になります。
これらが「小1の壁」と呼ばれる問題の主なところです。

そして、多くの学童保育は、基本的に小学1年生から小学3年生までの児童を対象としています。
このため、お子さんが小学4年生になったとたんに預ける場所がなくなってしまいます。
これが「小4の壁」です。

単純には解決しづらい問題

単純には解決しづらい問題

お子さんを保育施設に預けず、いわゆる「鍵っ子」にすることで「小1の壁」や「小4の壁」を乗り切ることは不可能ではありません。
実際にそうした対応で乗り切ったご家庭も少なくないはずです。

しかし、小学生のお子さんを毎日一人で家に残すというのは、何かとトラブルが心配だと言えるでしょう。
不慮の事故や、場合によっては窃盗などの事件が起きる可能性もあります。
毎日お子さん一人で過ごさせることで、精神的に悪影響を及ぼす可能性もあります。

また、鍵っ子にするにしても、急に一人で過ごさせるのは難しいもの。
子どもに慣れてもらう期間も必要になります。
やはり単純には解決できない難しい問題だと言えるでしょう。

「小1の壁」「小4の壁」対策に向けた動きも

近年、共働きの家庭が増えていることから、学童保育に関しては国が積極的に動き始めています。

2015年4月には学童保育の対象を小学3年生から小学6年生まで拡大することや、営業日数や営業時間の拡大することなどを盛り込んだ学童保育に関する新基準が制定されました。
まだすべての学童保育がその基準で運営しているわけではありませんが、今後は従来に比べ学童保育が利用しやすい時代になっていくことが予想されます。

小1の壁と小4の壁は、小さなお子さんを抱えるワーキングマザーの多くが直面する仮題です。
この課題をいかに乗り切っていけるかが、自身のキャリアにとっても子育てにとっても重要なカギとなると言えるでしょう。