すぐに調理できる! 子供が喜んでくれる朝ごはんメニュー5選

育児などでブランクが開いた後、再びパートで職場復帰する方も多いかと思います。
さて、一度ブランクが空くと、持ち物や職場のマナーがどうであったかを忘れて何かと不安ですよね。
そこで、パート初出勤時に見直したい持ち物やマナーについてご紹介してきます。

初出勤時の持ち物

初出勤時の持ち物としては、主に以下の様なものが挙げられます。
・ハンカチ、ティッシュ
・手帳、ボールペン
・その他職場から指定されたもの

意外と忘れやすいのが手帳とボールペンです。
初出勤時は覚えることが多いですから、メモが取れるように手帳とボールペンは必ず持参しましょう。
なお、復帰後の初出勤時に手土産などは用意する必要はありません。

初出勤時の服装

服装については、初出勤時は挨拶周りをする可能性がありますので、出来るだけ動きやすく、且つ清潔感のあるものにするのが望ましいです。

職種や職場の雰囲気にもよりますが、基本的にはオフィスカジュアル(カーディガンやワイシャツ、丈の長いスカートや控えめなズボン)が望ましいでしょう。

なお上下スーツですとやや動きにくく、また固めの印象を与えてしまう場合がありますので、余りおすすめしません。
(女性やパートの方もスーツで出勤しているような固めの職場の場合は、周りに合わせて上下スーツにしましょう。)

初出勤時のマナー

初出勤時のマナー
初出勤時のマナーは以下のようになります。

・出勤時間
始業10~15分前までには出勤しましょう。
余りに直前ですとだらしない人に見られてしまいます。

・目線や姿勢
目線は、前もしくはやや斜め上に合わせる様にして、行動しましょう。
下向きの目線や焦点の合わない目線はNGです。
挨拶周りなどで人と会話する際は、相手の目もしくは首辺りに目線を合わせます。
ただし、余りに長時間ジロジロと見つめるのは控えましょう。

姿勢については、背筋をピンと伸ばししっかりと立ちます。
首が曲がっていたり、背筋が曲がっただらしない姿勢は避けましょう。
腕を組んだり、片足を曲げたりするのは失礼になるので注意してください。

・言葉遣い
言葉遣いについては、相手の年齢や立場問わず、初出勤時は敬語・丁寧語を心掛けましょう。
タメ口や余りにビジネス口調な言葉遣いはNGです。

話し方としては、ハッキリとした口調で、やや明るめなトーンで話すのが望ましいです。
聞き取り難い口調、オドオドした口調、暗い口調などは控えましょう。

・表情
表情は穏やかでやや明るめな感じが良いです。
口角を少々上げる程度が良いでしょう。
ただし、余りに大げさな表情やわざとらしい表情は避けてください。自然であることが大切です。

初出勤時の第一印象というのは後々まで響くことがあります。
その後良好な職場生活を送る上でも持ち物やマナーを良く見直した上で初出勤に挑むようにしましょう。