もう小学生だから安心? ワーキングマザーに立ちはだかる4つの壁

子供が小学生になったので、そろそろ職場復帰しようかと考えているママさんも多いかと思います。

ですが、実は子供が小学生になると逆に働き難くなる面もあります。
今回はそんなワーキングマザーの前に立ちはだかる4つの大きな壁をご紹介します。

4月入学の壁

小学校入学時は、初めの数日~1週間程度給食が出ず半日帰宅となっている学校が多いです。
このため職場復帰を4月頭からの日程にしてしまうと、数日間お子さんを「鍵っ子」にしてしまい、1人で食事をさせてそのまま午後を1人で過ごさせることとなってしまいます。

1週間程度のため学童保育なども利用しにくく、この微妙な長さの期間お子さんの帰宅後の面倒をどうするかが壁となってきます。

小1の壁、小4の壁

小学生の保護者に特に問題になるのが「小1の壁」と「小4の壁」です。
小1の壁とは、小学校1年生より学童保育に子供を預けられる時間が夜19時頃までと短くなってしまう問題のこと。

そして小4の壁とは、小学校4年生に上がることで年齢オーバーとなり、学童保育にで預けられなくなってしまうという問題です。

これらは、毎日忙しく働いているワーキングマザーにとって大きな壁として圧し掛かってきます。

保護者会の壁

子供が小学校に入学すると大抵の方は「保護者会」に加入することになります。
保護者会では子供達向けのイベント企画や、保護者同士の会合などが定期的に行われ、またそれが平日の昼間に行われることも珍しくありません。

このため、ワーキングマザーではなかなか参加・協力ができず、保護者会の中で肩身の狭い思いをしてしまう恐れがあります。

PTAの壁

子供が小学校に入学すると保護者会とは別に「PTA(Parent Teacher Association)」の役員に任命されることがあります。

PTA役員は保護者会の上位版とも言える存在であり、役員会・バザー・講演会・学年・学級親睦会保護者会・地域イベントなどさまざまなタスクを担うことになるため、ワーキングマザーが両立するのは非常に過酷となってきます。

そのため、以前まではワーキングマザーの場合PTA役員から除外されるケースがあったのですが、近年ではワーキングマザーが当たり前になってきているため、自分が役員になる可能性も否定できません。

特に共働きの多い都心部になるほど、ワーキングマザーがPTA役員に任命させられる可能性も高くなると考えられます。

壁とどう向き合うか?

職場復帰をする際は、子供をどこに預けるのかなど以前より見当をつけておくことが大切です。

小学校に上がるタイミングで職場復帰を考える場合は、前もって学童の短気利用ができるか問い合わせておきましょう。また民間の学童が近くにないか調べておくのもおすすめです。

ベビーシッターに依頼するか、信頼できるママともにお願いしてみるのも良いですね。
最近では、働く母親のことを考慮して土曜日にPTAなどの会合が開かれることも増えてきています。
これはワーキングマザーには嬉しい傾向ですが、それでも「平日の方がいい」という保護者の声もあったりします。

役員を担当することになったワーキングマザーは、「仕事だから無理」と頭ごなしに言うのではなく、行事当日に自分ができることや、家でできる作業を引き受けるなど提案をしてみましょう。
積極的な姿勢を見せることで、周りから反感を買ってしまう心配もなくなるはずですよ。

もう小学生だから安心? ワーキングマザーに立ちはだかる4つの壁

子供が小学生にあがると、徐々に身の回りの世話には手が掛からなくなってきますが、一方で今回ご紹介したような新たな壁も生じてきます。
この点もよく踏まえた上、対策を練った上で職場復帰を検討するのが良いかもしれません。