ITエンジニア派遣 > IT資格マップ(国家資格/公的資格編)
エンジニア仕事マップ

資格はITエンジニアの自己アピール材料として大きな効果があります。
そのIT関連の資格として、本ページでは国家資格/公的資格をピックアップしました。

数年後の自分の将来を見据え、何年後にどの資格を取得するとよいか、
自分がどの分野のスペシャリストを目指すか、
具体的なキャリアプランを描き、資格取得を目指しましょう!

*職種名をクリックするとそのお仕事の一覧ページへ遷移します。
*また、表の資格名をクリックするとその資格の説明に遷移します。
資格内容
未経験〜2年後

[ITパスポート]

ITパスポートは情報技術の基礎知識を証明するものです。
ITエンジニアを目指す第一歩の資格としておすすめです。 [ITパスポートの詳細を見る]

[基本情報技術者]

情報処理の技術の基本的知識/技能、そして実践的活用能力を証明するものです。
プログラマー、SEなどITエンジニアを目指すなら取得したい資格です。 [基本情報技術者の詳細を見る]

2年後〜4年後

[応用情報技術者]

数年経験を積んだITエンジニアが取得する資格です。
高度な知識/技能をもち、企業経営/社会システムにおける課題に対して、
情報技術を活用した提案する能力を証明するものです。 [応用情報技術者の詳細を見る]

[情報セキュリティスペシャリスト]

情報情報セキュリティの企画/運用/保守を行う方、また業務にあたり下位者を指導する方が取得する資格です。 [情報セキュリティスペシャリストの詳細を見る]

[データベーススペシャリスト]

データベースに関する技術支援を行う方が取得する資格です。 [データベーススペシャリストの詳細を見る]

[ネットワークスペシャリスト]

ネットワークシステムの企画/運用/保守を行う方が取得する資格です。 [ネットワークスペシャリストの詳細を見る]

4年後〜6年後

[システムアーキテクト]

ITストラテジストより提案を受け、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどの設計を行い、
開発を主導していく方が取得する資格です。 [システムアーキテクトの詳細を見る]

[ITサービスマネージャ]

情報システム全体において、稼動と障害の対応を行う方が取得する資格です。 [ITサービスマネージャの詳細を見る]

[ISMS審査員補]

情報セキュリティにおいて、リスクの管理や改善を行う方が取得する資格です。 [ISMS審査員補の詳細を見る]

6年後〜8年後

[ITストラテジスト]

情報技術を活用した企業活動/経営戦略の提案/推進を行う方が取得する資格です
また、組み込みシステムの企画/開発を行う知識/実践能力を証明する資格です。 [ITストラテジストの詳細を見る]

[PMC(プロジェクトマネジメントコーディネータ)]

プロジェクトの期間や開発費用などから工程の組み立てを行い、
また業務に辺り下位者を指導する方が取得する資格です。 [PMC(プロジェクトマネジメントコーディネータ)の詳細を見る]

[プロジェクトマネージャ]

システム開発の責任者として計画立案し、管理/運営を遂行していく能力を証明する資格です。 [プロジェクトマネージャの詳細を見る]

[CISSP(Certified Information Systems Security Professional)]

情報処理の技術の基本的知識・技能
情報セキュリティの業務に携わる方が取得する国際資格です。
アメリカ合衆国の非営利団体ISC2が運営しています。 [CISSP(Certified Information Systems Security Professional)の詳細を見る]

[システム監査技術者]

情報システムが経営に貢献しているか判断する能力を証明する資格です。 [システム監査技術者の詳細を見る]

[PMS(プロジェクトマネジメントスペシャリスト)]

プロジェクトにおいて、円滑に遂行させるための知識/実践能力を証明する資格です。
日本プロジェクトマネジメント協会が主催しています。 [PMS(プロジェクトマネジメントスペシャリスト)の詳細を見る]

[PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)]

プロジェクトを立ち上げから、計画/実行/運用を行う知識と実践能力を証明する資格です。
国際資格であり、アメリカ合衆国の非営利団体PMIが主催しています。 [PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)の詳細を見る]

[JGISP(旧ISSJP)]

情報セキュリティの中でも日本国における情報セキュリティに携わる方が取得する資格です。 [JGISP(旧ISSJP)の詳細を見る]

8年後〜

[ITコーディネータ]

情報システムの導入/資源調達を行い、経営者視点に立ち
助言とプロジェクトを遂行する能力を証明する資格です。 [ITコーディネータの詳細を見る]