ITエンジニア派遣 > IT資格マップ(ベンダー系)
エンジニア仕事マップ

資格はITエンジニアの自己アピール材料として大きな効果があります。
そのIT関連の資格として、本ページではベンダー資格をピックアップしました。

ベンダー資格とは、IT製品などを製造・販売している企業やメーカーが製品についての知識・技術を認定するものです。

数年後の自分の将来を見据え、何年後にどの資格を取得するとよいか、
自分がどの分野のスペシャリストを目指すか、
具体的なキャリアプランを描き、資格取得を目指しましょう!

*職種名をクリックするとそのお仕事の一覧ページへ遷移します。
*また、表の資格名をクリックするとその資格の説明に遷移します。
システムコンサルタント SE プログラマ 運用管理/
保守
NWエンジニア ユーザーサポート/
ヘルプデスク
2年未満 システム・インテグレーション認定:AIS/ASE/MasterASE
システム・アドミニストレーション認定:CSA/CSE
マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)
マイクロソフト認定
アプリケーションデベロッパー(MCAD)
       
マイクロソフト認定
アソシエイト(MCA)
       
  ORACLE Silver Fellow:
データベース
   
  Sun認定Javaアソシエイツ(SJC/A)      
    Sun認定
Javaプログラマ(SJC/P)
Sun認定
Solarisシステム
管理者(SCSA)
Sun認定
Solarisセキュリティ
管理者(SCSecA)
 
システムコンサルタント SE プログラマ 運用管理/
保守
NWエンジニア ユーザーサポート/
ヘルプデスク
2〜4年     Sun認定
Java
ディベロッパ(SJC/D)
Sun認定
Solarisネットワーク
管理者(SCNA)
   
    Sun認定
ビジネスコンポーネントディベロッパ(SJC/BC)
IBM技術者認定制度 System p  
    Sun認定
Webコンポーネントディベロッパ(SJC/WC)
IBM技術者認定制度 System i  
    Sun認定
モバイルアプリケーションディベロッパ(SJC/MA)
IBM技術者認定制度 System x  
    Sun認定
JavaWebサービスディベロッパ(SJC/WS)
IBM技術者認定制度 System Storage  
      IBM技術者認定制度 WebSphere  
       IBM技術者認定制度 DB2  
      IBM技術者認定制度
Service Oriented Architecture(SOA)
 
オラクル認定
コンサルタント:
アプリケーション
ORACLE MASTER Bronze:
データベース
シスコ技術者
認定資格アソシエイト:
CCNA/CCDA/
CCENT
マイクロソフト認定
デスクトップサポートテクニシャン(MCDST)
マイクロソフト認定
ITプロフェッショナル(MCITP)
  マイクロソフト認定
プロフェッショナルデベロッパー(MCPD)
マイクロソフト認定
テクノロジースペシャリスト(MCTS)
   
  マイクロソフト認定
システムアドミニストレータ(MCSA)
   
  マイクロソフト認定
データベースアドミニストレータ(MCDBA)
     
  マイクロソフト認定
ソリューションデベロッパー(MCSD)
     
システムコンサルタント SE プログラマ 運用管理/
保守
NWエンジニア ユーザーサポート/
ヘルプデスク
4〜6年 オラクル認定
コンサルタントSilver:
アプリケーション
ORACLE MASTER Silver:
データベース
  シスコ技術者
認定資格
プロフェッショナル:
CCNP/CCDP/CCSP
/CCIP/CCVP
 
オラクル認定
コンサルタントGold:
アプリケーション
ORACLE MASTER Gold:
データベース
     
  ORACLE MASTER Expert:
データベース
       
  ORACLE MASTER Silver:
ミドルウエア
     
  ORACLE MASTER Gold:
ミドルウエア
     
  ORACLE MASTER Expert:
ミドルウエア
     
  Sun認定
エンタープライズ・アーキテクト(SJC/EA)
     
  マイクロソフト認定
システムエンジニア(MCSE)
       
システムコンサルタント SE プログラマ 運用管理/
保守
NWエンジニア ユーザーサポート/
ヘルプデスク
6〜8年 SAPコンサルタント
認定資格
    シスコ技術者
認定資格
エキスパート:
CCIE/CCDE
 
  ORACLE MASTER Platinum:
データベース
       
資格内容
未経験〜2年後

[システム・インテグレーション認定:AIS/ASE/MasterASE]

[AIS]
ネットワーク環境の構築において技術的な情報システムの計画やサポートに必要な知識を認定しています。
[ASE]
複雑なエンタープライズ環境において技術的な情報システムの統合、
サポートのために必要な知識を認定しています。
[Master ASE]
複雑なエンタープライズ環境において技術的な情報システムの設計や統合、
またサポートのために必要な知識を認定しています。
アプリケーション、ミドルウェア、プラットフォームなど多岐に渡る知識を証明する資格です。
日本ヒューレット・パッカード社が認定しています。

[システム・アドミニストレーション認定:CSA/CSE]

[CSA]
ハードウェア製品の復旧する事を目的とした保守メンテナンスのために必要な知識を認定します。
[CSE]
複雑なエンタープライズ環境においてHPオペレーティング・システムの
インストール、構成、および管理とサポートのために必要な知識を認定します。
日本ヒューレット・パッカード社が認定しています。

[マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)]

マイクロソフト製品を活用し、ユーザーサポートを行う技術者が対象となる資格です。
MCP認定プログラムのいずれかに合格することでMCPとして認定されます。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定アプリケーションデベロッパー(MCAD)]

エンタープライズソリューションの開発チームの中でコンテンツの開発や保守に関わる技術者向けの資格です。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定アソシエイト(MCA)]

ITについて理解があり、組み立てて活用していける技術を認定する資格です。
ITの入門資格におすすめです。
Microsoft社が認定しています。

[ORACLE Silver Fellow:データベース]

データベースエンジニアの技術力を認定する資格制度です。
ORACLEデータベースに関して入門レベルの知識があることを証明します。
[SQL][Oracle入門]の2科目に合格すると認定されます。
日本オラクル社が運営しています。

[Sun認定Javaアソシエイツ(SJC/A)]

Javaアーキテクチャを扱う知識と能力に関する、
一般的なJavaやプログラミングの基礎知識を評価する試験です。
アーキテクチャやオブジェクト指向アーキテクチャ、サーバ構造の設計などの知識を認定します。
Javaの入門資格におすすめです。
Sun Microsystems社が認定しています。

[Sun認定Javaプログラマ(SJC/P)]

プログラミングコンセプトやjavaアプレットの開発、Java の文法の知識、
ライブラリを使用したプログラミングの作成能力などJavaの広い知識を認定します。
Sun Microsystems社が認定しています。

[Sun認定Solarisシステム管理者(SCSA)]

Solaris のリソースに関するシステム管理の知識を認定する資格です。
ネットワークサーバの管理行っているサポートの方に適した資格です。
Sun Microsystems社が認定しています。

[Sun認定Solarisセキュリティ管理者(SCSecA)]

Solaris OS においてセキュリティ管理経験を持つ方向けの資格です。
セキュリティ管理の知識レベルや能力を証明するのに適しています。
一般的なセキュリティ概念、デバイスの管理などセキュリティに関する詳細な知識についての試験です。
Sun Microsystems社が認定しています。

2年後〜4年後

[Sun認定Javaディベロッパ(SJC/D)]

Javaの基礎知識があり、実際のアプリケーションのプログラミング作成能力や
プログラムを必要な知識を認定していています。
Sun Microsystems社が認定しています。

[Sun認定Solarisネットワーク管理者(SCNA)]

Solarisプラットフォームなどによって構成されるイントラネット環境の管理技術を認定する資格です。
TCP/IP プロトコルの実装やDNSの知識など、高度なネットワーク管理能力を証明します。
Sun Microsystems社が認定しています。

[Sun認定ビジネスコンポーネントディベロッパ(SJC/BC)]

J2EEを使用したEJBコンポーネント開発を行い、
ソフトウェアのアプリケーションサーバをカプセル化するための知識を認定しています。
Sun Microsystems社が認定しています。

[IBM技術者認定制度 System p]

IBM製品であるSystem pサーバーのシステムの運用・管理等の知識・技術を認定するものです。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、
取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。

また製品販売の為の知識について求められる資格もあります。
試験内容は、分野別に初級・中級・上級とレベル設定されています。
IBM社が運営しています。

[Sun認定Webコンポーネントディベロッパ(SJC/WC)]

Javaの基礎知識があり、システム開発においてサーブレットやJSPといった
プログラミング能力の広い知識を認定します。
Sun Microsystems社が認定しています。

[IBM技術者認定制度 System i]

IBMであるSystem i製品(ミッドレンジシステムシリーズ)の運用や管理に関する知識・技術を認定するものです。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、
取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。
IBM社が運営しています。

[Sun認定モバイルアプリケーションディベロッパ(SJC/MA)]

J2MEを使用し、モバイルJava技術に対しての全般的な知識とプログラミング能力を証明する資格です。
Sun Microsystems社が認定しています。

[IBM技術者認定制度 System x]

IBM製品であるSystem xサーバーの活用や管理、
ソリューション設計と実装サポートを行う知識・技術を認定するものです。

全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、
取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。

また、製品販売の為の知識について証明する資格もあります。
試験内容は、分野別に初級・中級・上級とレベル設定されています。
IBM社が運営しています。

[Sun認定JavaWebサービスディベロッパ(SJC/WS)]

JWSDP、J2EEを使用し、Webサービスアプリケーションを開発する知識、技術力を証明する資格です。
Sun Microsystems社が認定しています。

[IBM技術者認定制度 System Storage]

IBM製品であるSystem Storageを利用した
データ管理の改善の計画・提案・実装や管理の知識・技術を証明するものです。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、
取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。
また、製品販売の為の知識について証明する資格もあります。
IBM社が運営しています。

[IBM技術者認定制度 WebSphere]

IBM製品であるWebSqhereに関して、サーバー・ランタイム環境のオペレーションや
J2EEデータアプリケーションなどの知識・技術を証明するものです。

また、XML、HTML といった言語の知識やインターネットの概念の知識なども出題されます。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、
取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。
IBM社が運営しています。

[IBM技術者認定制度 DB2]

IBM製品であるDB2 (Databese2) オブジェクト関係データベース管理システムの
管理・開発などの知識・技術を証明するものです。
アドバンスドエキスパート、エキスパート、エンジニア、アドバイザーの4段階にレベル設定されています。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。
IBM社が運営しています。

[IBM技術者認定制度 Service Oriented Architecture(SOA)]

Service Oriented Architectureについての概念や基本設計、
業務プロセスなどに関しての知識・技術を証明するものです。
全世界共通の基準をもって認定資格が作られている為、取得することで国際的に通用する知識・技術があることも証明します。
IBM社が運営しています。

[オラクル認定コンサルタント:アプリケーション]

開発者、保守運用管理者などに向けたそれぞれのコンサルティング技術・知識を認定するものです。
それぞれのアプリケーションに対して業務・機能の領域ごとに認定資格が用意されています。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Bronze:データベース]

オラクル・データベースの管理やネットワーク環境の構成他、
プロジェクトで必要となるデータベースの基礎知識を認定するものです。
オラクル・データベースの入門資格として最適です。
日本オラクル社が運営しています。

[シスコ技術者認定資格アソシエイト:CCNA/CCDA/CCENT]

ネットワーク運用・設計などに関する知識・技術の入門資格です。
アソシエイトレベルでは、ネットワーキング認定資格の基本的な技術・知識があることを証明します。
業務に必要な専門知識に応じて、それぞれ認定分野が異なります。
Cisco社が認定しています。

[マイクロソフト認定デスクトップサポートテクニシャン(MCDST)]

Windowsベースのデスクトップ上のハードウェア、ソフトウェアの動作やアプリケーションに関する問題解決能力を証明しています。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定ITプロフェッショナル(MCITP)]

特定分野の専門知識と職務遂行能力を証明する資格です。
この資格を通じて、データベース管理、データベース開発、ビジネス インテリジェンス、
メッセージング、ユーザー サポートなどのプロフェッショナルであることを証明しています。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定プロフェッショナルデベロッパー(MCPD)]

.NET Framework2.0を使用し、Windowsベースのプラットフォーム向けの
リッチクライアントソフトウェアを開発するための技術を証明しています。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト(MCTS)]

特定のテクノロジーに関する詳細な専門知識とノウハウを持つ技術者であることを証明します。
MCTS 取得者は、特定のマイクロソフト テクノロジーの実装、構築、トラブルシューティング、
およびデバッグなどを一貫して行うスキルを保持しています。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定システムアドミニストレータ(MCSA)]

Microsoft Windows Serverをプラットフォームとする中規模から大規模の
複雑なシステム環境の管理、実装、保守を行う知識・技術があることを証明しています。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定データベースアドミニストレータ(MCDBA)]

Microsoft SQL Serverのデータベースの設計、管理などデータベースに関して
広い知識を持つペシャリストを対象にした上位資格です。
Microsoft社が認定しています。

[マイクロソフト認定ソリューションデベロッパー(MCSD)]

マイクロソフトの開発ツール、テクノロジ、プラットフォームを利用して
開発、運用を行うために必要とされる高度な専門知識を証明する資格です。
Microsoft社が認定しています。

4年後〜6年後

[オラクル認定コンサルタントSilver:アプリケーション]

開発者、保守運用管理者などに向けたそれぞれのコンサルティング技術・知識を認定するものです。
それぞれのアプリケーションに対して業務・機能の領域ごとに認定資格が用意されています。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Silver:データベース]

ORACLE MASTER Bronze:データベースの上位資格であり、
オラクル・データベースの運用・管理・指導他、プロジェクトで
必要となるデータベースの基礎知識知識を認定するものです。
日本オラクル社が認定しています。

[シスコ技術者認定資格プロフェッショナル:CCNP/CCDP/CCSP/CCIP/CCVP]

ネットワーク運用・設計などに関する知識・技術を認定するものです。
業務に必要な専門知識に応じて、それぞれ認定分野が異なります。
アソシエイトレベルの上位にあたる資格であり、
ネットワーク技術者として広い知識を持つことを証明する資格です。
Cisco社が認定しています。

[オラクル認定コンサルタントGold:アプリケーション]

オラクル認定コンサルタントSilver:アプリケーションの上位資格であり、
開発者、保守運用管理者などに向けたそれぞれのコンサルティング技術・知識を認定するものです。
それぞれのアプリケーションに対して業務・機能の領域ごとに認定資格が用意されています。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Gold:データベース]

ORACLE MASTER Silver:データベースの上位資格であり、オラクル・データベースにおいて、
セットアップやトラブル対応など、データベース管理者として
必要となる広い知識と技術を身につけていることを証明する資格です。
取得すると海外でもOCP(Oracle CertifiedProfessional)として認定されます。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Expert:データベース]

Linux環境において、Oracle Databaseを使用し、円滑にデータベースを構築を行い、
信頼性の高い運用する為の知識・技術があることを認定するものです
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Silver:ミドルウエア]

業務の拡張に伴い、システム対応を行う為に必要となる、
システムのアプリケーションのインフラ管理・個々の開発ツールによる
開発技術・知識を有していることを証明するものです。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Gold:ミドルウエア]

ORACLE MASTER Silver:ミドルウエアの上位資格であり、業務の拡張に伴い、
システム対応を行う為に必要となる、システムのアプリケーションの
インフラ管理・個々の開発ツールによる高い開発技術・知識を有していることを証明するものです。
日本オラクル社が認定しています。

[ORACLE MASTER Expert:ミドルウエア]

OracleWebLogicServerのインストールやアプリケーションのデプロイメントなど
サーバ管理業務を行う知識・技術を証明する資格や、
Hyperion Essbase製品を使用してデータ設計からレポートの作成、
アプリケーションの開発・管理を行う知識・技術を証明する資格があります。
日本オラクル社が認定しています。

[Sun認定エンタープライズ・アーキテクト(SJC/EA)]

大規模システムの設計手法や能力、Javaアーキテクトの技術者を対象とした資格です。
オブジェクト指向による分析・設計や仕様書の作成をはじめ、
JavaEEアーキテクチャを深く理解し、実際の開発に適用する能力が証明されます。
試験は英語のみで行われます。
Sun Microsystems社が認定しています。

[マイクロソフト認定システムエンジニア(MCSE)]

マイクロソフト認定アソシエイトの資格の中で、システムエンジニアとしての最上位資格です。
WindowsOS・Serverをプラットフォームとするインフラストラクチャの設計・分析・管理などの
業務知識のある技術者であることを証明するものです。
Microsoft社の認定しています。

6年後〜8年後

[SAPコンサルタント認定資格]

SAPシステムに対する製品の認定資格です。
対象となる製品の導入の為のノウハウ知識があることを証明します。
SAP社が認定しています。

[シスコ技術者認定資格スペシャリスト:CCIE/CCDE]

ネットワーク運用・設計などに関する重要な部分を担う役割を果たす為の知識・技術を認定するものです。
シスコ技術者認定資格プロフェッショナルの上位資格となります。
Cisco社が認定しています。

[ORACLE MASTER Platinum:データベース]

ORACLE MASTER Gold:データベースの上位資格であり、
オラクル・データベースの運用・管理・指導等の能力を認定するものです。
また実技試験があり、実際のデータベースの設定・実装を行う
知識・技術があることを証明する資格になっています。
日本オラクル社が認定しています。