ITエンジニア派遣のお仕事探しは派遣@ばる
人材派遣でSE,プログラマー,テスターの求人情報探すなら
【派遣@ばる】

ITエンジニア派遣なら派遣@ばる
資格名
ITコーディネータ
資格について

ITコーディネータとは、企業にとって戦略的IT投資が重要な経営戦略として位置づけられる中、ITユーザーとITベンダーの双方の立場を理解し、経営者の立場から「真に経営に役立つIT投資」をサポートできる人材と認められる公的な資格です。

企業の戦略的IT投資を推進する国家プロジェクトの一環として誕生した日本で唯一の資格認定制度として、NPO法人ITコーディネータ協会がその育成・認定・普及・啓蒙活動を行っています。

オススメ職種

システムコンサルタント
SE
プログラマ
NWエンジニア
運用管理/保守
テクニカル/サポート

試験の時期

春期試験、秋期試験の年2回実施

試験内容

必須60問+選択40問=合計100問。

ITCに求められる共通の基本問題(A)、ITCに求められる共通の応用問題(B)が必須問題となっており、選択問題は、経営戦略からIT戦略策定までのフェーズをITCに求められる経営系の応用問題(C)、IT戦略策定からITサービス活用までのフェーズをITCに求められる情報系の応用問題(D)として2系列化されています。

受験者は、試験当日の解答時に、(A)+(B)+(C)あるいは、(A)+(B)+(D)のいずれか100問を選択解答して頂きます。
いずれの問題を選択するかは、試験当日の解答用紙上の選択区分マークにより判別します。

ITコーディネータプロセスガイドラインおよびITコーディネータカリキュラムガイドラインに示す、下記の領域を出題範囲とします。
1 ITコーディネータが行う5つの活動フェーズ
(経営戦略/IT戦略策定/IT資源調達/IT導入/ITサービス活用)
2 これらの活動を行う際に共通に求められる知識
(プロセス&プロジェクトマネジメント/コミュニケーション/モニタリング&コントロール)