@ばる

株式会社アイル 求人広告掲載基準

〔事前確認項目〕
  1. 新規に掲載申込みがあった事業主については、訪問その他確実な方法により、調査を行うものとし、その所在と事業内容等を確認を行う。
  2. 事業の内容が監督官庁の許認可等を要する場合は、必要に応じてその証明となる関係書類を確認した上で掲載する。
  3. 求人広告の掲載にあたっては、その事業主が以前に求人広告に関してクレームが発生したことがなかったかどうかについて、所要の確認する。この場合、相応のクレームが発生したことがあり、再度発生のおそれのあるときは、その求人広告を掲載しない。
  4. 求人広告による利用者トラブルが多発している業種の事業所からの求人については、上記1のほか事前に関係書類の提出を求め、また、例えば管理職員がこの事実の確認をするなど、厳正な実態調査を行い、求人広告の内容について審査の上、掲載する。
  5. 以下に掲げるものは、掲載を差し控える。
    1. 事業の内容または募集の内容が法令に抵触するもの、またはそのおそれのあると認められるもの
    2. 基本的人権の侵害、就職差別を助長し、均等な雇用機会を損なうもの、またはそのおそれのあるものと認められるもの
    3. 社会倫理または社会秩序に反すると認められるもの
      1. 利用者等(消費者を含む)とのトラブルが多い企業または事業所からの募集
      2. いわゆる悪徳商法等の社会的に指弾を受けるような事業を行う企業等からの募集
      3. 風俗営業関係事業からの募集であって、風紀上好ましくないもの
      4. 募集主、事業内容等の実態が判然としないもの
    4. 利用者に不利益を与えるもの、またはそのおそれのあると認められるもの
      1. 応募者に対し、次に掲げるような経済的な負担を不当に要求し、もしくはそそのかすものまたはそのおそれのあるもの
        1. 商品、材料、器具等の購入
        2. 講習会費、登録料等の納入
        3. 金銭による出資
        4. 特定の教育施設等における経費を伴う受講
      2. 募集にかかる掲載項目の内容が不明確なもの
      3. 募集を装い、商品や材料、器具等を売りつけることを目的とするもの
    5. 応募者を集めるために、予め提供する意思のない労働条件を表示するもの
    6. 株式会社アイルの編集方針に反する内容のもの
    7. ストライキまたはロックアウトが行われている事業所からの募集および、その事業所において、ストライキまたはロックアウトが行われるおそれの多い争議が発生している旨の通報が地方労働委員会から公共職業安定所になされた場合の募集

平成16年2月2日 施行
平成20年2月1日 改定
[ 閉じる ]