派遣@ばる >  派遣@ばる語学のお仕事 >  先輩の体験談を読む!好きな英語を仕事にしよう 〜第3回 輝きの日々、フロントのお仕事〜
先輩の体験談を読む!好きな英語を仕事にしよう
PHOTO
越崎祐子さん

第3回 輝きの日々、フロントのお仕事

帰国後、英語を使ったお仕事は見つかったのでしょうか。
お仕事は楽しく始まったのでしょうか。

この時代のことは、越崎さんは「輝いていた」と表現しています。
◆英語を使わない秘書◆

帰国後は、自立しようと1人暮らしを始めました。
そして、正社員として、未経験ではありましたが、セクレタリーのお仕事(※1)に従事しました。
でも、ここの会社では、全く英語に触れる事がありませんでした。

英語を使わない生活のままでいいんだろうか。。。と悩んでる時にTOEICを受験したら、帰国時よりもナント100点以上落ちていてショックを受けたんです。

このままでは、どんどん英語力が落ちてしまうという焦りもあって、思い切って退社しました。
英語を活かせる仕事、実践出来る職場をと考えた時に、前から興味のあったホテルのフロント業務(※2)に応募して転職しました。

(※1)セクレタリー:グループ秘書、役員付秘書などがあります。ボスが外人の場合は英会話力は必須です。秘書業務のほかにOA事務や雑務、庶務業務なども含まれます。

(※2)フロント業務:企業やホテルなどの顔となるお仕事です。日常英会話力や電話応対、事務のお仕事も含まれます。予約業務も多いため施設状況の理解や細やかな気配りなどができることも必要です。
◆フロントのお仕事◆

セクレタリーやフロント業務のお仕事を選んだのは、自分の特技である「記憶力」という特技を活かした仕事がしたかったからです。ボスに指示されたこと、お客様のお名前など、記憶力が活躍する場面はたくさんありました。
実際は、気遣いや事務処理能力など、特技以外の能力も必要ですし、ホテルの仕事はシフト制(※3)なので、夜勤もあり、体力的に辛かったのですが、英語は使えるし、ホテルという環境は好きだし、毎日の仕事は楽しいものでした。

ただ、仕事での英語は決まり文句が多くて、もう少し応用のある英会話を使って仕事をしたいと考るようになりました。そんな時、外国人のビジネスマンが長期滞在するレジデンスのフロントのお仕事のお話を頂き、英語の幅が広がると考えて、異動することにしました。


(※3)シフト制:勤務日や時間を前もって選択できる制度。労働者にとっては、ライフスタイルに合わせた勤務が可能、会社にとっては、空き時間を作ることなく、24時間稼動も可能となる効率の良い制度。
◆外人向けレジデンスのフロント◆

住人は外国人が多かったので、必ず毎日英語は使いました。
クリスマスなどのイベントが多い時は、自分が海外にいる様な錯覚を起こしそうな環境でした。

ここでは、ホテルの時よりも余裕を持って接客(※4)のお仕事が出来るようになったし、もともと人に喜んでもらうのが好きな性格の私としては、日々学ぶ事も多く、毎日本当にやりがいを感じながら働く事が出来ました。


(※4)接客:販売や受付やサービス業など、人と接するお仕事全般のことをいう。明るく丁寧な対応が求められる。
ホテルのフロント時代のショット
初めて英語を使ったお仕事をしていた時期。
レジデンスのフロント時代。
毎日が充実していました。
◆第4回の内容◆

またまた、前向きの性格がアメリカへと越崎さんを向かわせます。
未知の世界へ、本場のサービス業の世界へ、再度チャレンジすることに…

次回をお楽しみに!

>> 続きはこちら

取材&文:がんばる、ねばる、よくばる 派遣@ばる

制作協力:英語タウン
お役立ちコンテンツ
先輩の体験談を読む!
好きな英語を仕事にしよう
大好きな英語を仕事にした先輩の体験談を紹介します。
ちょっと拝見!
英語仕事のある一日
英語を使ったお仕事をしている先輩の一日のスケジュールを大公開!
派遣からめざす正社員への道
紹介予定派遣から目指す正社員のステップを紹介!
派遣会社コーディネーターが語る!
英語を活かせるお仕事とは?
「英語を使った仕事をしたいけど、未経験で自信がない」という方に、役立つ情報が満載♪
これが私の語学勉強法
自己流のユニークな勉強法や英語にまつわる体験談をご紹介!
旅行・語学のお仕事情報
メルマガが届く!
貿易事務など、語学力が活かせる人材派遣のお仕事情報を週1回あなたにお届けします。