最長半年までと定められています。通常は1〜3ケ月の紹介予定派遣期間のお仕事が比較的多いようです。
企業が採用を検討するにあたって何を検討するかにより派遣期間が異なりますので、仕事の紹介があった時点で
必ず確認するようにしてください。

派遣就業期間の仕事の取り組み方として、会社の雰囲気、上司となる人との相性、その業務への適性など、
自分に合う職場かどうかしっかり見極める期間とすることをおすすめします。もちろん派遣就業中の仕事を
しっかりとおこない自分能力を最大限にアピールすることも大切です。

本人と企業の両方が雇用契約を結ぶかどうかを検討し就職・採用を決めることができるのが紹介予定派遣のしくみです。
ですから、残念ながら採用とならない可能性もあります。と同時に、皆さんがその企業での就職を希望しない場合、
入社を断ることもできます。自分から断りづらい場合でも、派遣会社に介入してもらい手伝ってもらうことができます
ので、派遣期間を使って十分ご検討してください。

紹介予定派遣のお仕事の場合、企業によっては履歴書の提出、面接、試験があります。
その場合には、お仕事の紹介時に派遣会社よりその旨の伝えてもらえます。

派遣期間の終了後、採用する場合には「直接雇用」することになっています。直接雇用には、
正社員の他に、契約社員、アルバイトなどといった雇用形態があります。
給与などの就業条件とともに、お仕事を紹介される際(派遣として勤務する前)に確認しておいてください。

お仕事のご紹介する際(派遣として勤務する前に)雇用形態や年収、福利厚生といった社員化後に予定される
待遇の概要に関しても派遣会社から伝えてもらえます。気になる点がありましたらその時点で確認してください。

▲ページの上に戻る

Copyright I'LL inc. All Rights Reserved.